読後感
 
 中学、高校と本の虫だったのですが、最近では、時々肩の凝らない読書を。例えば、ジェフリーアーチャー、シドニーシェルダン、司馬遼太郎もの等。 最近では、

154回芥川賞、「孤高の人」 新田次郎、「激走! 日本アルプス縦断」、「至高の決断」 小松英樹、 「ダ・ビンチコード」 ダン・ブラウン、 「一瞬の光」 白石一文、 「死国」 坂東眞砂子、 「理由」 宮部みゆき、 「天国への階段」 白川 道著、 「サンカルロの対決」 A.J.クィネル著、 「パーフェクトキル」 A.J.クィネル著、 「人生百年 私の工夫」 日野原重明著、 「好きなことだけやればいい」 中村修二、 「燃える男」 A.J.クィネル著、 「大地の子」 山崎豊子著、 「怒濤のごとく」 白石一郎著 

「凛冽の宙」 幸田真音、 「日本国債」 幸田真音、 「千里眼 ミドリの猿」「千里眼 運命の暗示」 松岡圭祐、 「千里眼」 松岡圭祐、 「eの悲劇」 幸田真音、 「催眠」 「後催眠」 松岡圭祐、 「凍りつく心臓」 ウィリアム・K.クルーガー、 「ホームレス作家」 松井 計、 「旅涯ての地」 坂東眞砂子、 「聖の青春」 大崎 善生、 「神々の山嶺」 夢枕 獏、 「マネーメイカーズ」 ハリー・ビンガム、 「ザ・ゴール」 エリヤフ・ゴールドラット、 「チーズはどこへ消えた」 スペンサー・ジョンソン、 「ビリーの死んだ夏」 リーサ・リアドン、 「スタンドアローン」 ローラ・リップマン、 「ハリー・ポッターと賢者の石」 J.K.ローリング、 「トップ・レフト」 黒木 亮、 「山妣」 坂東真砂子、 「狗神」 坂東真砂子、

「ハイペリオンの没落」 ダン・シモンズ著、「ハイペリオン」 ダン・シモンズ著、 「三国志 知れば知るほど」 市川 宏監修、 ジェフリー・アーチャー 「メディア買収の野望」、宮城谷昌光著 「重耳」、宮城谷昌光著 「晏子」、貴志祐介著 「青の炎」、 鈴木公司著 「ループ」、鈴木公司著 「らせん」、 鈴木公司著 「リング」、 山崎豊子著 「沈まぬ太陽」、 清水一行著 「首位戦争」、 グレン・ミート著 「雪の狼」、 ダニエル・スティール著 「5日間のパリ」、

白石一郎著 「風雲児」、司馬遼太郎著 「梟の城」、 泉 康子著 「いまだ下山せず」、梓林太郎著 「殺人山行穂高岳」、白石一郎著 「海王伝」、白石一郎著 「海狼伝」、宮城谷昌光著 「侠骨記」、ダニエル・スティール著 「無言の名誉」、ジェフリーアーチャー著 「十一番目の戒律」、宮城谷昌光著 「夏姫春秋」、山下博子著 「私の被爆体験」、シドニー・シェルダン著 「陰謀の日」、平野啓一郎著 「日蝕」、宮城谷昌光著 「孟嘗君」を楽しみました。